iOS 10へのアップデートで、消えたiPhoneの写真を復元する三つの解決策

ダウンロード
Windows 10/8/7/Vista/XP
ダウンロード
OS X 10.6またはそれ以降

iPhoneユーザーの皆様にはiOS 10.1/10にアップデートすることにより、お使いのiPhoneの大切な写真が勝手になくなり、困った経験があると思っております。

iPhoneの写真が消えた

周りのiPhoneを持っている方もそういう状況に巻き込まれて、大変そうですから、今回、このコーナーでは、iOS 10へのアップデートで、消えたiPhoneの写真を取り戻す三つの解決策をわかりやすく解説します。

まず、ここでは、失ったiPhoneの写真を復旧できる「UltData」というソフトをおすすめします。UltDataには「iOSデバイスから復元」、「iTunesバックアップから復元」、「iCloudバックアップから復元」この3つの方法で、iOS 10.3にアップデート中またはiOS 10.2にアップデート後、紛失したiPhoneの写真を復元する方法があります。お困りの方はぜひ適当なやり方を選んで、試してみてください。

iOSデバイスからiPhoneの消えた写真を復元

この方法を通じて、iOS 10.3/10.1にアップデート中またはiOS 10にアップデート後、写真の消えるiPhone をスキャンして、削除されたiPhoneの写真は復元できます。それに、iPhoneをPCに接続したら、デバイスの電源をオンにするようにご注意ください。

操作手順は以下のように:

ステップ1:iPhoneをPCに接続→「UltData」をダウンロード、インストール、起動

ステップ2:「iOSデバイスから復元」をクリック→「スキャン開始」をクリック→そうすると、写真の紛失したiPhoneが自動的にスキャンし、検索します。

少し時間がかかりますので、完了までお待ちください。

iphoneをスキャン中

ステップ3:左側の「カメラマン」をクリック→必要なデータをを選び→「復元」をクリックすると、削除されたiPhoneの写真が復活

写真を復元する

iTunesバックアップからiPhoneの紛失した写真を復活

iTunesバックアップから消えたiPhoneの写真を復旧する方法がiOSデバイスから紛失したiPhoneの写真を復元する方法と大体同じですから、ここでは、その操作方法を簡単にご紹介します

操作手順は以下のように:

ステップ1:「iTunesバックアップから復元」をタップ→バックアップファイルを選び→「スキャン開始」をクリック→「UltData」は紛失したiPhoneの写真を自動的にスキャンし始める

バックアップファイルを選ぶ

ステップ2:左側の「カメラマン」をタップ→必要なデータをを選び→「復元」をクリック→消えるカレンダーデータが成功に復活しました。

必要なデータを復元する

iCloudバックアップからiPhoneのなくなった写真を復旧

もし以上教えた方法でiOS 10にアップデート中またはiOS 10にアップデート後、紛失してしまったiPhoneの写真を復元しなかったら、iCloudバックアップからiPhoneの失った写真を復活しましょう。今、その方法も簡単にご案内いたします。

それに、iCloudバックアップからiPhoneの写真を復旧するときは、iPhone をPCに接続する必要はありません。

操作手順は以下のように:

ステップ1:「iCloudバックアップから復元」をクリック→「Apple ID」と「パスワード」を入力→サインインをクリック

サインインする

ステップ2:リストに表示された必要なデータを選ぶ→「次へ」をタップ→「UltData」は自動的にiCloudからデータをダウンロードし始める

少し時間がかかりますので、完了までお待ちください。

必要な写真を選ぶ

ステップ3:左側の「カメラマン」をクリック→必要なデータをを選び、「復元」をクリック→消えたデータが成功に復元しました。

必要な写真を復元

本記事のまとめ

以上はiOS 10にアップデート中またはiOS 10にアップデート後、消えるiPhoneの写真を復活する三つの最善の解決策です。必要な方は弊社の「UltData」を試してみましょう。もしそこの記事について、何かご不明点がありましたら、ぜひご連絡ください。